コロナウィルスによる株への影響

投資

新型コロナウィルスが世界中で大きな感染拡大をしたことにより株にも大きな影響が生じました。
2020年初頭に新型コロナウィルスが世界的に注目されるようになってから、株はどのような影響を受けてきたのでしょうか。
新型コロナウィルスとの関連性が深い点を理解し、今後の動向がどうなる可能性が高いかを考察してみましょう。

コロナウィルスの登場に伴う株価の暴落

新型コロナウィルスの影響としてまず起こったのは株価の暴落です。
世界的に経済不安が発生した影響を受けて、投資家が資産を株から金や安定通貨への移す傾向が生まれました。
世界的なロックダウンが起こり、日本でも緊急事態宣言が発令されて生産活動も消費活動も行いづらい自粛体制が敷かれました。
その影響で企業の業績も低迷するケースが増え、株価がますます下がる傾向が生まれたのは平均株価の暴落からもわかる状況です。
その後、コロナウィルスが一過的な感染ではないことが理解されると社会の動きも変わり、コロナ禍を乗り越えようという形で経済活動も進められるようになりました。

コロナウィルス対策による注目株の変化

コロナウィルス対策が推進されるようになった影響で注目株にも変化が生じました。
製薬企業や除菌剤の製造をする企業が注目されるようになったのが代表例です。
また、リモートワークによる事業継続が進められるようになった影響で、リモートワークの関連株も株価が上昇しています。
人との接触を最小限にする消費活動のあり方を捉えた企業の株が狙い目として焦点を当てられるようになり、株価が高騰した事例も多くなっています。

ウィズコロナとアフターコロナへ

コロナウィルスの感染拡大防止やその影響下での生産・消費活動の継続をするためのサービスが重視されてきましたが、さらにウィズコロナとアフターコロナの考え方が広まった影響で着眼点も変わってきました。
長い月日を経てリモートワークなどの以前はあまり着目されていなかった働き方や文化が根付いてきました。
それを常識として捉えて消費者が何を期待するかという視点で投資先が選ばれるようになってきています。
平均株価は回復の方向に向かっているものの、注目株はコロナウィルスの状況と共に細かく移り変わっています。

コロナウィルスの影響は転々と変わる

コロナウィルスの株への影響は世界的な感染拡大が認識されてから刻々と変化してきました。
世の中がコロナウィルスに翻弄されてきたとも言えるでしょう。
ウィズコロナとアフターコロナの考え方が生まれたことで、さらに注目株が変わりやすい状況になっています。
投資先を検討するときにはコロナを取り巻く状況をよく考察した上で決めるのが重要です。

関連記事
オリンピック
オリンピックが無くなるかもしれないが関連株は大丈夫?

2021年への延期が決定した東京オリンピックですが、今度は開催中止の可能性が議論されています。 そんな中にあっても株価は上昇を続け、日経平

記事を読む